Sonriia 6重 ガーゼケット タオルケット ブランケット バスタオル 赤ちゃん ベビー 子供 保育園 幼稚園 お昼寝 ひざ掛け 布団 その他布団、寝具

Sonriia 6重 ガーゼケット タオルケット ブランケット バスタオル 赤ちゃん ベビー 子供 保育園 幼稚園 お昼寝 ひざ掛け 布団 その他布団、寝具

CHAIRMAN POWELL:皆さん、こんにちは。
お集まりいただきありがとうございます。
私はまず、同僚と私が経済をどのように見ているか、今日決定したこと、そして今後数ヵ月間の見通しについて少し説明します。
わが国の経済は好調です。
健全な成長を続けています。
失業率は低く、就業者数は着実に増加しており、賃金も上昇しています。
インフレ率も低く安定しています。
これらはすべて、非常に良い兆候です。
もちろん、すべてが完璧だというわけではありません。
好調な経済の恩恵がすべてのアメリカ人に行き渡っているわけではありません。
わが国の経済的課題の多くはFRBの手に負えないものですが、私と同僚は、経済を強く、健全に、そして前進させるためにできる限りのことをしています。
これこそが、すべてのアメリカ人が成功する機会を得られる環境を促進するための最善の方法なのです。
私たちは、同僚と会うたびに同じ問題に直面します。雇用の拡大と低水準の安定したインフレを支えるためには、どのように政策を設定すればよいのでしょうか。10年前に世界を襲った深刻な金融危機でダメージを受けた経済を救うため、長年にわたり超低金利が求められてきました。
経済が着実に力強さを増すにつれ、FRBは金利を健全な経済における通常のレベルに徐々に戻してきました。
本日、短期金利を4分の1ポイント引き上げることで、この道の新たな一歩を踏み出しました。
金利は依然として低い水準にありますが、私と同僚は、このように徐々に正常な水準に戻していくことが、アメリカ国民全体の長期的な利益のために、この好調な経済を維持するのに役立つと考えています。
先に述べたように、多くのアメリカ人が仕事や家、そして夢や希望を失った痛ましい歴史の一部である金融危機から10年が経過しました。
私たちは、景気回復のために低金利を維持するだけでなく、金融システムの安全性を高めるために多くの措置を講じてきました。
特に、大手銀行に対しては、保有する資本と流動性の量や、リスクの評価と管理の方法について、より高い基準を課しています。
今日の金融システムはより強固であり、好不況にかかわらず、家計や企業の金融ニーズを支えるためのはるかに優れた地位を築いていると確信しています。
私たちは、このような基本的な改善を維持しつつ、規制が効果的かつ効率的に行われるよう、引き続き努力していきます。
それでは、本日の政策決定の動機となった動きについて、もう少し詳しくご説明します。
家計支出と企業投資はともに活発に拡大しており、全体的な成長見通しは引き続き良好です。
東芝 CDラジオカセットレコーダー TY-CDW99
これらの状況は、今回の会合における経済予測の要約と一致しています。
実質GDP成長率に関する委員会参加者の予測の中央値は、今年3.
今年は3.1%、来年は2.5%です。
来年は2.5%です。
過去3ヵ月間の雇用者数は月平均18万5千人で、長期的に見て労働力の新規参入者に雇用を提供するために必要なペースを大幅に上回っています。
失業率は8月に3.
8月の失業率は3.9%で、4月以降この水準に近い状態が続いています。
前月比の変動を平滑化すると、労働力参加率は2013年後半の水準を維持しており、高齢化に伴う参加率低下の圧力を考えると、ポジティブな兆候といえます。
雇用市場は引き続き堅調に推移するものと思われます。
委員会参加者による今年後半の失業率予測の中央値は3.7%で、これよりもやや低い水準となっています。
2019年にはこれよりも少し低くなると予想しています。
個人消費支出の価格指数(PCEインフレ率)で測定される消費者物価全体は、までの12ヶ月間で2.3%上昇しました。
7月までの12ヵ月間で2.3%上昇しました。
個人消費支出価格指数(PCEインフレ率)で測定される消費者物価全体は、7月までの12ヵ月間で2.3%上昇しました。エネルギーと食品の価格を除いたコアプライス指数は、将来のインフレ率をよりよく示す傾向がありますが、同期間で2%上昇しました。
FOMCは、インフレ率が長期目標である2%に近い水準で持続的に推移することを求め、また期待しています。
どの時点でも、インフレ率は2%を多少上回ることも下回ることもあります。
例えば、最近の原油価格の上昇により、インフレ率は2%をやや上回っていますが、これは一過性のものと考えており、予測にも反映されています。
全体およびコア・インフレ指標の予測値の中央値は、予測期間全体で2%に極めて近い水準を維持しています。
本日、委員会は連邦資金金利のターゲットレンジを1/4パーセントポイント引き上げ、2~2¼パーセントとした。
今回の措置は、経済の力強さを反映したものであり、約3年前に開始した、金利をより正常なレベルに徐々に戻していくプロセスの1つのステップでもあります。
先行きについては、本日の予測では、緩やかな金利上昇が6月の予測とほぼ同様に継続するとしています。
また、2020年までの適切な政策に関する参加者の見解の中央値は、6月の会合から変更されていません。
これらの予測は、我々の仕事において重要な役割を果たしている。
同僚や私は、経済や政策の見通しについての見解を伝えることは有用だと考えています。
しかし、私たちは、経済は定期的に驚きをもたらすものであり、最も慎重に構築された予測であっても非常に不確実であることを認識しています。
政策の適切な方向性に関する予測は、経済が成長、雇用、失業、インフレの予測に沿って幅広く発展することを前提としています。
もし経済が停滞するようなことがあれば、金利の引き下げが適切です。
逆に、インフレ圧力が予想以上に高まるようであれば、金利の引き上げが適切となります。
現在、私たちの声明が示すように、経済見通しに対するリスクはほぼ均衡しています。
Denon スピーカーシステム (2台1組) ブラック SC-M39-BK
"この変更は、政策の方向性の変更を意味するものではなく、政策が我々の期待通りに進んでいることを示しています。
声明にあるように、我々は依然として「連邦資金金利の目標範囲をさらに段階的に引き上げる」ことを期待しており、この期待は先ほど説明した予測に反映されています。
ありがとうございました。
ご質問をお受けします。
NICK TIMIRAOS
ありがとうございました。
ウォール・ストリート・ジャーナルのニック・ティミラオスです。
桂米朝 特選 米朝落語全集 第二集 CD10枚組 別冊解説 速記本 手ぬぐい付き 〔ホビー 趣味 演芸〕 ホビー エトセトラ 音楽
ご存知のように、引き締めサイクルは経済の強さを反映しています。
そして、段階的に引き上げるようになってから約3年が経過しました。
このように段階的に引き上げてきたことで、実体経済や金融市場のデータを注意深く観察し、経済が金利上昇をどのように受け止めているかを確認することができるのです。
また、このように緩やかな動きをしていることで、ロングラグやバリアブルラグの問題を抑えることができると考えています。
これまでのところ、経済は非常に好調で、我々の期待通りの結果を出しています。
JIM PUZZANGHERA
こんにちは、L.A.のジム・パッツァンゲラです。
A
TimesのJim Puzzangheraです。
トランプ大統領は公の場で、利上げに賛成していないことを表明しました。
彼の発言は、あなたやあなたの同僚に影響を与えなかったようですね。
あなたの会議ではトランプ大統領の発言について議論されましたか?また、このような発言が、FRBの独立性や金融政策に対する認識に影響を与えることを懸念していますか? パウエル議長
私たちは米国民のために本当に重要な仕事を議会から与えられており、そのための手段も与えられています。私と同僚はその使命を果たすことだけに集中しています。
私たちは、最良の考え方、最良の理論、最良の証拠を検討します。
私たちは、最高の考え方、最高の理論、最高の証拠を検討します。異なる見解もありますが、それらを徹底的に議論して見解をまとめ、物価安定の中で最大の雇用を実現するために金融政策を決定しようとします。
それが私たちの仕事です。
私たちは、政治的要因などは考慮しません。
それが私たちであり、私たちがしていることであり、私たちにとってはこれからもそうであり続けるでしょう。
STEVE LIESMAN
CNBCのスティーブ・リーズマンです。
会長、ありがとうございました。
会長。
株式市場がほぼ史上最高値であること、企業のスプレッドが非常に狭いことなど、市場の水準が利上げの判断にどのように影響するのか、説明していただけますか?懸念していることはありますか?また、関連して2つ目ですが、2020年と2021年に何が起こり、それがFRBがその時期にも金利を中立以上に保つ必要があると考えるきっかけになっているのかを教えてください。ありがとうございました。
CHAIRMAN POWELL
もちろんです。
金融市場と金融政策に関しては、毎サイクルの声明で述べているように、金融情勢を考慮しています。なぜなら、金融情勢の悪化は経済全般に影響を与えますし、考慮すべき多くの事柄のひとつだからです。
しかし、私たちがコントロールしている部分は、フェデラル・ファンド・レートをどうするかということであり、これは、ご存知のように、金利カーブ全体を通じて、金融資産価格全般に影響を及ぼします。
つまり、すべてを考慮に入れているということですが、幅広い金融情勢は考慮に入れているもののひとつにすぎません。
20年、21年に関して、あなたの質問は、なぜファンドレートがアボベネイトラルである必要があるのか、というものでした。確かにその通りですね。
参加者の中には、2、3年先の中立性について、個人的な予想をごくわずかにオーバーシュートさせている人もいます。
かなり先のことですからね。
それを確信するのは難しいことだと思います。
私たちが時間をかけてやっていくことは、金融政策が目標達成に向けて設定されているかどうかを毎回のミーティングで問うことです。
これは、数年後に政策がどうあるべきかを評価するためのものだと思います。
HOWARD SCHNEIDER
ありがとうございます。
シチズンファイン 内径測定器(本体のみ) BST-2B
パウエル議長、これは本当にしては良すぎると思いませんか?なぜなら、この4年間、失業率が4%以下で、NAIRUを大幅に下回っており、NAIRUのように見えますが、インフレの反応はありませんでした。
このようなことは1960年代以降、一度も起こっていないと思います。
なぜ今それが起こると思うのでしょうか?それとも、この失業率予測は、あなたの信頼区間に左右されて、「他にどうしたらいいかわからないから、何かが起こるまで嘘の線を延ばしてみよう」という程度のものなのでしょうか。
いいえ、あなたの言うとおりです。
委員会が予測しているのは、おおむね、予測期間全体を通じて失業率が3%台後半、インフレ率が2%に非常に近い水準で推移するという経済です。
これが予測の結果です。
これは、現在のインフレプロセスの仕組みを理解していることと、インフレ率がスラックの変化にあまり反応しないという事実、つまりフラットなフィリップスカーブに基づいています。
つまり、インフレ期待が強く固定された世界なのです。
これは私たちの予測だけでなく、多くの予測がそうなっています。
つまり、これが予測なのです。
つまり、長期的な失業率は何を意味するのか、という疑問があるかもしれません。これは、経済が長期的に回帰すると考えられる長期的な概念です。
しかし、当然のことながら、その長期的な見通しは、短期的には問題を生じさせません。
さて、インフレプロセスが1960年代と現在では劇的に変化していることを認めましょう。
今は良い状態にあります。
このままの状態が続くとは考えられませんし、もちろん注意深く見守っていくつもりです。
もちろん、注意深く見守っていくつもりです。もし、好調な経済にインフレがより強く、あるいはより弱く反応するようであれば、適切に政策を調整していきます。
HOWARD SCHNEIDER
続いて、金利で何を買おうとしているのか教えてください。
もちろん、金利は成長に影響を与えますし、効果もあります。つまり、あなたの質問は、金利を上げて何を買うのか、ということだったと思います。問題は、もし金利を上げなかったら、経済はどうなるかということです。利上げをしなければ、経済は大きく変化すると思います。
私たちは常に、直面している2つの問題の間で解決しようとしています。
1つは、動きが早すぎると、必要以上に回復の芽を摘んでしまい、インフレ率が目標の2%に届かなくなってしまうことです。
また、遅すぎると、経済が過熱してしまう可能性があります。
歴史的に見ても、そのようなことが繰り返されてきたのです。
今はそのような兆候は見られませんが、私たちは常にこの2つの浅瀬の間を行き来しようとしています。
そして、徐々に金利を上げていくことが、この2つの危機を真剣に受け止める方法だと考えています。
SAM FLEMING
どうもありがとうございました。
フィナンシャル・タイムズ紙のサム・フレミングです。
FRBは最近、金融安定化リスクは中程度だと言っています。
どのような展開があれば、この評価をリスク上昇に変更することができるのでしょうか。また、リスクが高まったと判断されるまで待つのではなく、リスクが中程度であっても、カウンターシクリカル資本バッファーを動かすべきだという議論がありますが、これは間違いなく遅すぎるかもしれません。ありがとうございます。
CHAIRMAN POWELL
金融危機から得られた最も重要な教訓の一つは、金融システムの安定性の重要性です。
ご存知のように、金融危機以降、私たちは金融情勢や金融安定性の問題についてのモニタリングを強化することに重点を置いてきました。
また、金融システムを強化するために、資本の増強や規制の強化、透明性の向上、中央清算、未清算デリバティブの証拠金など、さまざまな取り組みを行ってきました。
これらは金融システムの強化を目的としたもので、私たちはこうした取り組みを数多く行っており、金融システムははるかに良い状態にあると感じています。
直近の状況を見ると、これは前回の会合の議事録にも記載されていますが、四半期ごとにFOMCと理事会で金融安定性に関するスタッフの見解を説明しており、スタッフは全体的な脆弱性を中程度と判断しています。
この質問のさまざまな側面を掘り下げると、家計のバランスシートは良好な状態にあります。
雇用は安定しており、賃金も上昇しています。
銀行システムは、先ほど述べたように、資本金が大幅に増加し、流動性も大幅に向上しており、非常に好調です。
資産価格を見てみると、確かに一部の資産価格は過去の範囲の上限にあります。
また、非金融法人に目を向けると、そこにはレバレッジの話があります。
ですから、脆弱性がないわけではありませんが、中程度であると考えています。
さて、カウンターシクリカル資本バッファーについてのご質問ですね。
カウンターシクリカル・キャピタル・バッファーは、私たちが2016年にようやくツールキットに加えたツールです。
私たちは、脆弱性が通常よりも大幅に増加した場合に導入するとしました。
定期的に見直しを行っていますが、最後に見直しを行ったのは、確か昨年中だったと思いますが、テストが満たされなかったという結論に達しました。
前回のブリーフィングでも述べましたが、脆弱性は中程度との評価でしたが、これは我々のツールキットの一つであり、適切と思われる時に展開できるツールであることに変わりはありません。
SAM FLEMING
HAZARD4 (ハザード4) Mil-koala(ミルコアラ) ライト(ツール)ポーチ (コヨーテ)
先ほど申し上げたように、私は脆弱性を比較的穏やかなものと考えています。
金融システムについては、危機の際に学んだことのひとつに、長期的な景気拡大が続くと脆弱性が高まることを警戒する必要があるということがあると思います。
ZIEGER チェーンガード ZX-6R 19-21 ブラック
MARTY CRUTSINGER
AP通信社のマーティ・クルツィンガーです。
欧州中央銀行の研究者が今週発表した論文によると、貿易戦争が米国に与える影響は、米国の経済成長に比べて小さいとしています。
S
欧州中央銀行の研究者は今週、貿易戦争が米国に与える影響は悲惨なものになる可能性があり、米国は
S
欧州中央銀行の研究者たちは今週、貿易戦争が米国に与える影響は悲惨なものになる可能性があるという論文を発表しました。
あなたが行った議論、つまりあなたの政策声明で貿易摩擦について言及しているかどうかについて話していただけますか?言及していませんね。
貿易戦争について、今はどのような見通しをお持ちでしょうか?
もちろんです。
私たちは貿易政策に責任を持っているわけではありませんので、特定の貿易行動などについてコメントすることはありません。
ビアンコートBかんたん施工セット 艶なし/UV対策なし 2L(100平米対応)セット
このような声はかなり多く聞かれており、準備銀行の総裁は会議の中でそれについて話し、議事録にも記載しています。
私たちは、そのような話を聞くことについて、非常に透明性が高いと思っています。
私は、米国の総体的なパフォーマンスを見てみると、それは米国の経済状況を表していると思います。
S
米国経済のパフォーマンスを国レベルで見た場合、現時点ではあまり大きな変化は見られません。
また、別の見方もできます。これまでに発表されたすべての関税が適用された場合、全体レベルではどのような影響があるのか、ということです。それはまだ比較的小さいものです。
私たちが心配しているのは、いくつかの点です。
1つは、企業の信頼感が失われ、投資が減少する可能性です。
これも、まだ測定できるほどの影響は見られません。
また、予想外の貿易動向に対して、金融市場が長期的に反応する可能性もあります。
何よりも心配なのは、長い目で見たときに、これがどうなるかということです。
もし、最終的に関税が下がるのであれば、それはそれで良いことだと思います。
一般的に貿易は生産性を向上させ、所得の向上をもたらします。
また、国際的に認められたルールの下での公正な貿易は良いことです。
もしこれが、不用意にも、広範囲に及ぶ関税が長期にわたって維持されるような、より保護主義的な世界になってしまったら、アメリカの経済、アメリカの労働者や家族、そして他の国々の経済にも悪影響を及ぼすことになると思います。
HEATHER LONG
ワシントンポスト紙のヘザー・ロングです。
FOMCが成長率予測を引き上げるのは、今年に入って3回目です。
この引き上げの原因は何なのか、また、財政政策や財政刺激策による供給サイドの効果はまだ出ていないのかどうか、少し教えていただけないかと思います。
ありがとうございます。
CHAIRMAN POWELL
確かにそうですね。
今年は...今年の予想をずっと引き上げてきました。
年が明けてからも、経済は予想以上に好調で、これは本当に良いことだと思います。
冒頭で述べたように、経済は好調で、今後もそれが続くと期待するに十分な理由があります。
その理由は何ですか?
もちろん、減税や歳出の増加といった財政政策の変更による影響もあるでしょう。
また、原油価格の上昇により、オイルパッチへの投資が活発化していることもあるでしょう。
しかし、家計の信頼感や企業の信頼感が非常に高い数値を示していることが、この成長像を支えています。
過去10年間を振り返っても、米国にとって今はかなり良い時期だと思います。
S
米国経済にとってはかなり良い時期だと思います。
HEATHER LONG
供給面での効果は?
ああ、供給面での影響ですね。
率直に言って、大きな効果を期待しています。
つまり、企業への課税を軽減し、特に投資の早期費用化を可能にするということです。
投資を促進することで、生産性を向上させ、所得を増加させる主な要因の1つとなります。
このようなメカニズムがどのように機能し、どの程度の効果があるのかについては、明確な答えはありません。
そして、供給側の効果を目にするのはすぐでしょう。
それ以外の供給側の効果は、おそらくより不確実で、もたらされるまでに時間がかかるでしょう。
しかし、先ほど申し上げたように、私たちは潜在成長率の推定値も引き上げていきたいと考えています。
CRAIG TORRES
ブルームバーグ・ニュースのクレイグ・トーレスです。
ジャクソンホールでのあなたのリスク管理手法を参考にして、委員長は
議長は、2019年に委員会を加速させるリスク(起こりうるリスク)は何か、委員会を減速させるリスクは何か、についてお話いただけますでしょうか。
また、どのようなリスクがあれば、委員会の動きが鈍くなるのでしょうか?シナリオについてお話しいただけますか。
さらにお聞きしたいのですが、今回の景気刺激策が予測通りに終了した場合、経済をソフトランディングさせるために利下げを行う可能性があるとお考えですか?予測ではそうなっていませんが、そうしないでどうやってソフトランディングさせるのか興味があります。
CHAIRMAN POWELL
さて、冒頭の挨拶で、何が私たちを速くしたり遅くしたりするのかというご質問に答えるようなことを申し上げたと思います。
私たちがもう少し早く行動する必要があるのは、主にインフレ率が上昇に転じた場合でしょう。
それはないでしょう。
本当にそうなるとは思えません。
私たちの予測にはありませんが、いずれにしても、これはリスクと考えています。
金融市場の大幅な調整と持続的な調整、あるいは予測とは異なる経済の減速、これらのいずれかに反応すると思います。
私たちが何をするかというと、現場の状況を考慮して、常に金融政策を調整することになると思います。
つまり、経済が弱まっているのであれば、利下げを行う可能性は十分にありますし、その逆もまた然りです。
ですから、その可能性を排除することはできません。
しかし、2020年に財政政策の効果、つまり最終的な効果がどうなるのかを知ることは非常に難しいと思います。
政策の内容はもちろんのこと、その効果がこれほど先まで続くかどうかを知ることは難しいのです。
ですから、予測を立てなければなりませんが、それが非常に不確実であることはわかっています。
EDWARD LAWRENCE
Fox Businessのエドワード・ローレンスです。
議長、ありがとうございます。
失業率は現在、3.9%です。
9%となっています。
平均時給は過去12ヶ月で2.
過去12ヶ月間で2.9%上昇しました
インフレ率は安定しています。
失業率が自然率を上回っており、連邦準備制度理事会は、拡大する経済を冷やさないように、今後の利上げの一貫性を再検討すべきだと考えますが、そのポイントはどこにあるのでしょうか? パウエル議長。
つまり、インフレ率と失業率が低すぎるポイントはどこか、ということですね?そうです。
そうです。
労働力人口の増加は、私たちを驚かせるような上向きの結果でした。
新作 メンズスーツ 3点セットスーツ 2つボタンスーツ フォーマルスーツ 結婚式 二次会 成人式 卒業式 就職活 ビジネススーツ 披露宴 カッコイイ 大きいサイズ
労働力人口を見ると、13年の第4四半期から現在まで、高齢化やその他の要因による大幅な減少傾向の中で、基本的には横ばいの動きをしています。
これは、参加者数が1ポイント以上増加したことを意味しており、とても良いことです。
これは、労働力との接触を保ち、仕事を探し、仕事を見つけている人たちです。
これは素晴らしいことだと思います。
ところで、これはシグナルでもあります。
失業率がこれ以上下がらないようにしている要因の1つです。
また、これは供給側にもっと多くのものがあるのではないか、これまでの傾向が示すよりも労働力の供給が多いのではないかというシグナルでもあります。
ですから、労働力を維持している人がいるというのは、非常にポジティブなことです。
しかし、この状態がいつまで続くかはわかりません。
私たちにはモデルがあり、常にこの問題を検討しています。
私たちはモデルを持っていますし、常にこの問題を検討しています。確かに、これまで私たちはポジティブな面で驚かされてきましたから、この状況が続くかどうかという考えも受け入れています。
DONNA BORAK
こんにちは、議長。
CNNのドナ・ボラックです。
TRUSCO ヘリックスリーマ 10.7mm HLX10.7
そこで質問ですが、いつ影響があるのか、いつ影響があると予想するのか。また、どの時点で、実際に消費者の支出に影響を与え、経済成長を鈍らせるのではないかと心配し始めるのでしょうか? パウエル議長。
これは懸念事項です。
リスクでもあります。
つまり、価格が上昇する可能性があるということですね。
今はまだ見られませんが、小売価格が上昇する可能性があります。
関税は、これまで企業が価格を上げることに非常に消極的であったり、価格を上げることが非常に困難であった世界において、企業が価格を上げるための基盤を提供する可能性があります。
これにより、価格を上げる方法を提供できるかもしれませんが、まだ数が少ないですね。
数字で確認するまでは、どう反応するかはわかりません。
パルサールブ 遠隔設置アクセサリ グリース分配弁(5口) HU-5RS
DONNA BORAK
しかし、いつその効果が現れるのか、そのタイミングはわかりますか?
まだわかりません。
つまり、経済全体で見れば、関税だけではないということです。
特定の産業における労働力不足や材料費に関する話をよく耳にしますが、これも関税だけではありません。
供給側の制約に相当するような話も耳にしますが、それが見えてこないのです。
賃金の上昇は緩やかで、インフレ率は2%前後ですが、実際には上昇しているとは感じられず、まだ見えていません。
私たちは非常に注意深く見守っています。
MICHAEL MCKEE
ニギリバーI型 R7107-600 キャンセル返品不可
議長、マイケル・マッキー、ブルームバーグ・ラジオ&テレビジョン。
金融情勢は、それを追跡するあらゆる指標から見て、依然として極めて緩い状態にあります。
資金の流れを見ると、国債以外の短期借入金が減少しています。
このことは、引き締めが経済に与える影響に変化があることを示唆しているのではないかと考えています。
また、それに関連して、「accommodative(緩和的)」という言葉を削除したとのことですが、これは政策の変更を示唆するものではありません。
もし、あなたがおっしゃるように、経済に何が起こるのか2021年まで確信が持てないのであれば、ドット・プロットはもはや何の役にも立たないのではないでしょうか? パウエル議長。
いくつか質問があります。
ドットプロットは、新しいものではありません。
2年後、3年後の予測がかなり不確実であることは、新しい指摘ではないと思います。
ドット・プロットは、FOMC参加者が経済の発展と適切な金融政策についての個人的な見解を書き留めたものです。
私たちはそれに言及しません。
これらは個人の予測です。
市場参加者は一般的に興味深い情報だと思うので、私には目的があるように思えます。
緩和的」という言葉の意味は、その耐用年数が終わったということだったと思います。
2015年、離陸したばかりの声明文にこの言葉を入れたのは、経済を減速させようとしているのではなく、実際にはまだ、経済活動を支えるために金利を引き上げるつもりであることを確信させるためでした。
その目的は十分に果たされており、今の文言には、委員会が今後の政策を考える上で重要なことは何も書かれていません。
それが今回の発表の理由です。
質問の答えになっていますか?
200ベーシスポイントの利上げを行ったにもかかわらず、金融情勢は依然として緩んでいるということですね。
広範な金融情勢指数を見れば、ほぼそのような答えが返ってくるでしょう。
先に述べたように、私たちは金融情勢を考慮して仕事をしていますが、それをコントロールすることはできません。
そして、金融情勢は広範な経済に影響を与えており、定義上、それらを考慮に入れています。
しかし、金利を見てみると、今年の長期金利と短期金利を見ると、非常に大きな上昇が見られます。
このように、長期的かつ可変的なラグがあるのですから、時間の経過とともに影響が出てくるはずです。
VICTORIA GUIDA
こんにちは、ポリティコのビクトリア・グイダです。
ネリー・リアンはドナルド・トランプ大統領によってFRBの理事に指名されたばかりですが、彼女がFRBの長年のベテランであることを考えると、大統領に候補者を推薦したり、誰を指名すべきかについて意見を述べたりする上で、あなたがどのような役割を果たしたのか、お話しいただけないでしょうか。
また、先ほどの金融安定性の話の続きですが、企業の負債が高水準にあることに以前言及されていましたが、レバレッジド・レンディングが活発化しているときに、レバレッジド・レンディングへの規制を緩和して、その指導を抑え気味にすることに抵抗はないのでしょうか? パウエル議長。
さて、FRBへの指名についてですが、これは完全にホワイトハウス、そして最終的には大統領の管理下にあります。
従来、FRB議長はその諮問を受けてきましたが、それが継続されていることは喜ばしいことです。
しかし、これらは実際にはホワイトハウスが決定することであり、私たちは相談を受けるだけだと考えています。
このチームができたことを私はとても嬉しく思いますし、興奮しています。私たちのホールの上下にあるオフィスが埋まることをとても楽しみにしています。
このホールはとても静かで、いつもよりも静かなんですよ。
だからこそ、何人かの人が確定するのを楽しみにしています。
企業債に関しては、これは...私は長い間、レバレッジド・レンディング市場に非常に近い分野で投資をしていました。
私はレバレッジド・レンディング市場に非常に近い分野の投資家でしたので、その経験は豊富です。
この市場は、金融危機以前に比べて非常に大きく進化しています。
銀行は以前よりもはるかに少ないリスクしか取らなくなりました。
銀行は基本的に、ローンや債券をバランスシートに残すのではなく、それらを分配するビジネスを行っていますが、その度合いはかなり高くなっています。
しかし、レバレッジド・レンディング市場における過剰なリスクテイクが、市場の過熱などによって実体経済に影響を与える可能性があることも事実であり、これについては多くの研究がなされていますので、注意深く見守っていきたいと思います。
ご指摘のように、レバレッジド・レンディングに関するガイダンスには拘束力がありませんが、これは法律の解釈の問題です。
ですから、この問題は私たちが監視しているところであり、先ほど述べたように、全体的な脆弱性はそれほど大きくないと考えています。
BINYAMIN APPELBAUM
ニューヨーク・タイムズ紙のビンヤ・アッペルバウムです。
緩和的」という言葉に戻ってもいいのですが、現在の政策は緩和的だとお考えですか?中立に近いと思いますが、最終的には制限的でなければならないという一部の同僚の意見に共感されますか?
さて、現在は緩和的なのでしょうか?SEPに掲載されているドット・プロットを見ると、フェデラル・ファンド・レートは、今日の下げの後でも、長期的な中立推定値を提出したすべての参加者の推定値を下回っていることがわかると思います。
だからこそ、この文言を削除するのに最適なタイミングなのです。なぜなら、シグナルが存在しないことは完全に明確で、定義上、それは緩和的な政策を意味するからです。
ですから、政策が緩和的でないからではありません。
緩和的であることに変わりはありません。
考え方としては、先ほど述べたように、この言葉がその役目を終えたということなのです。
しかし、もう1つのポイントがあります。それは、「緩和的」がどこで止まるのかを正確に理解しているとか、それが私たちの考えの中で最も重要なポイントであると示唆したくはないということです。
西日本がこの路線を歩むと仮定した場合、我々がこれから行うことは、金融市場や経済から入ってくるデータを注意深くモニターし、我々の政策が達成したい目標(経済の維持、最大の雇用、安定した物価)を達成しているかどうかを自問することです。
私たちはこのように考えていますが、これはある意味、中立金利の正確なポイント推定値についてあまり考えないことに相当します。
このように考えています。
BINYAMIN APPELBAUM
2つ目の質問は、最終的に制限的な姿勢になると思いますか、というものでした。例えば、ブレイナード総裁は、制限的な姿勢が必要になるだろうと述べています。
ポーウェル議長はそれに同意しますか?
可能性はあります。
とても可能性があります。
よくあることです。
また、前述したように、多くの参加者がそれを書き留めていますし、本当に控えめなオーバーシュートを書き留めています。
つまり、何が起こるかにかかっているとしか言いようがありません。
このまま行くかどうかにもよりますが、さまざまな方法で考えることができます。
もしかしたら中立金利を過小評価していたかもしれません。
もしかしたら、私たちは中立金利の見積もりを上げて、それに向かっていくかもしれませんし、あるいは、中立金利をここで維持して、それよりも1、2回利上げするかもしれないのです。
その可能性は大いにあると思いますが、つまり、最終的に私たちが答えたいのは、この質問ではないのです。
私たちが答えているのは、景気回復を持続させ、法定目標を達成するために、どうやって経済に適度な支援を与えるか、ということです。
議長、ありがとうございます。
議長。
MarketWatchのグレッグ・ロブです。
Thermo Fisher Scient スミロン セラムチューブラック MS-7550P 10入
この危機から何か共有したい教訓があるのではないかと思ったのですが、それについて2点お聞かせください。
あなたは何度も議会に足を運び、議員と話をしていますね。
今、ポールソン長官やガイトナー氏、バーナンキ議長が
ポールソン長官やガイトナー氏、バーナンキ議長は、ドッド・フランク法でFRBの緊急時の権限を奪ったのは間違いだったと言っています。
もう1つは、これらのノンバンクがFSOCのシステムに組み込まれなかったことを確信しているかということです。
つまり、金融システムのリスクを見極めることができると確信していますか?ありがとうございました。
CHAIRMAN POWELL
さて、ここで3つの話をします。
まず第一に、私たちが学んだ最大のことは、先ほど申し上げたように、金融システムの安定性を維持することの重要性でした。
これまでのモデルや経済におけるリスクの考え方を振り返ってみると、そこが欠けていたと思いますが、今はもう欠けていないと思います。
ですから、私たちはこの点に非常に力を入れました。
資本や流動性を高めました。
ストレステストを実施し、特に大銀行に対しては、リスクを理解し、より適切に管理し、少なくとも金融危機と同程度の大きなショックを受けても耐えられるだけの資本を持つことを求めました。
それでもうまくいかない場合には、破綻処理計画があります。これまで何度も繰り返してきましたが、私が考えていた以上に、本当に大きな進展がありました。
このように、私たちは多くのことを行ってきました。
誰もが、すべての問題を解決したと過信しているわけではないでしょう。
そして今、私たちはもう一度戻って、すべてをしっかりと見つめ直し、努力を続けようとしているのだと思います。
これらは本当に重要な教訓だと思いますし、私たちはそれらを忘れないようにしたいと思っています。
そしてそれは、今となっては、学んだことを忘れてしまうというリスクでもあると思うのです。
それは時間が経つにつれ、人間の本質となるものです。
あなたが言っている記事を見ましたが、問題は、議会がFRBから緊急時の権限を奪ったかどうかです。13条3項に基づいて、個々のノンバンク、つまり持株会社やその他の企業を支援する権限を奪うことと引き換えに、ある種の取引が行われたのです。
それと引き換えに、秩序ある清算の権限と破綻処理の権限を得たのです。
これは間違いだったのでしょうか?議会がこれを変更しようと真剣に考えるとは思えません。
危機に対処するツールを取り上げることが賢明だったのかどうか、私は本当に疑問です。
しかし、これ以上ツールを取り上げようとする動きには強く反対します。
3つ目に挙げられたのは「指定権」ですね。
これは非常に重要な権限です。
私の考えでは、指定権は控えめに使うべきだと思います。つまり、原理的には、銀行ではない別のリーマン・ブラザーズが地面から出てきて、それが非常に脅威となる、あるいはシステミック・リスクを引き起こす可能性があるような状況で使うべきです。
ですから、これは非常に重要な力だと思っています。
しかし、繰り返しになりますが、私はかなり慎重に使用したいと考えています。
DT SWISS(DT スイス) RIM04102 RR411 アシンメトリック 24H RIM04102
ナンシー・マーシャル・ゲンザー、マーケットプレイスです。
金利の上昇が消費者に与える影響について心配していますか?FRBが利上げを開始して以来、クレジットカードの金利は17%以上も上昇しています。
住宅ローンの金利も上昇しています。
消費者に何と言っているのでしょうか?パウエル会長。
もちろん、非常に注意深く見ていますが、短期金利が上昇したときと同様に、消費者の借り入れの広い範囲で金利が上昇しています。
しかし、歴史的な水準から見れば、まだかなり低いものです。
もうひとつ、住宅について言えば、NAR Affordability Indexを見ると、金融危機前に比べて住宅の価格はまだ手ごろになっています。
借り入れコストが上昇しているのは確かですが、非常に低い水準からの上昇ですので、注意深く見ていく必要があります。
個人消費への影響は、金利が作用する上で非常に重要な経路ですから、その影響を監視しています。
HANNAH LANG
アメリカン・バンカーのハンナ・ラングです。
OCCがCRA単独での活動を決定したことは、共同計画をどのように進めるかについて、何らかの意見の相違があることを示唆しています。
共同計画の策定を妨げている問題は何か、また、共同計画の可能性にはどの程度近づいているのでしょうか? パウエル議長。
FRBでは、銀行が自分たちがサービスを提供している地域で信用供与やその他の銀行サービスを提供するという、CRAの使命に深くコミットしています。
しかし、テクノロジーの進化や銀行業務の性質の変化に伴い、CRAについての考え方を見直すのは適切な時期ではないというのが私たちの考えです。
しかし、私たちはコミュニティへの関心を失いたくはありませんし、この法律の基本的な目的が維持されることを望んでいるのです。
私たちが抱いていた問題の多くは、OCCのANPRに反映されており、時間をかけて、OCC、FDIC、FRBと共同で規則案を作成することを期待しています。
これはプロセスであり、私たちは引き続きこのプロセスを推進したいと考えています。
STEVE BECKNER
スティーブ・ベックナー NPRのフリーランス・ジャーナリスト。
議長。
議長、中立金利の問題についてですが、あなたも同僚も中立金利の長期予測を3%にわずかに引き上げましたが、それでも6年前より125ベーシスポイントほど低いと思います。
生産性、つまり投資や生産性、労働市場などの動向が長期予測をさらに押し上げ、予測される資金レートの水準が現在よりも制限的でなくなる可能性はありますか? パウエル議長。
原則として、これらの重要な変数(経済の長期成長率、中立金利、自然失業率)はすぐには動きません。
非常に緩やかに動きます。
これらの変数は、人口動態などの長期的な力によって固定されています。
ファンドレートの場合は、生産性、安全資産への投資意欲、人口動態など、さまざまな要素が絡み合っています。
ですから、時間の経過とともにかなりゆっくりと動きます。
毎期SEPを提出している私たちは、毎期SEPを見て、毎期変更するのではなく、時々変更することになると思います。
あなたの言うとおり、実際に中央値は10分の1に上昇しました。
しかし、それでも、長期的な中立金利や長期的な成長率の見通しを人々が高めているのは、ポジティブなことだと思います。
それは誰にもわかりません。そして、これまでの傾向である自然失業率の水準を下げることができるかもしれません。
ただ、これらの推定値は時間とともに変化するものです。
推定値は入力されるデータに応じて変化します。
興味深いことに、金融危機後、さまざまなモデルで中立金利が急激に変化し、その回復には時間がかかっています。
劇的な回復は期待できませんが、私たちは生産性を予測するのがとても苦手です。
生産性がいつどのくらいの量になるのかを知ることは非常に難しいのです。
ですから、星の数ほどある価値変数がどこにあるのか、あるいはどこに行こうとしているのか、私たちが実際に知っていることがいかに少ないかということを、私たちは謙虚に考えなければならないと思います。
PAUL KIERNAN
こんにちは、会長。
Dow Jones Newswiresのポール・キアナンです。
質問を受けていただきありがとうございます。
もう一度お聞きしたいのですが、先ほど、利上げのペースを緩やかにすることで反応しやすくなるとおっしゃいましたが、具体的にはどのようにするのですか?
金融政策にはラグがあるとおっしゃっていましたが、具体的にはどのような点に注目されているのでしょうか。つまり、金融引き締めサイクルが終わりに近づいているとか、どこで止めるべきかといった具体的な兆候はあるのでしょうか。第二に、もしあなたが米国の金利の乖離を心配しているのであれば、私たちはそのようなことはありません。
S
特に新興市場が圧力を受けているときに、米国と海外の金利の乖離が気になりますか?
ありがとうございます。
CHAIRMAN POWELL
そうですね。
供給側の限界に近づいているかどうかを判断するために私たちが注目しているのは、まず、雇用の伸びが鈍化しているかどうかです。雇用の伸びが鈍化しているかどうかが指標となります。
また、賃金やインフレ率が予想外に急上昇した場合も、限界に近づいていることを示しています。
また、ヘッドラインの伸びが鈍化すれば、それも指標になります。
このようなことはすべて考慮に入れるべきでしょう。
また、2016年の初めに見られたように、金融環境の急激な引き締めは、広範囲で大幅な引き締めであれば、経済に相当な影響をすぐに与える可能性があると考えています。
ですから、私たちはそのようなことや他の多くのことに注目しています。
発散という意味では、そうですね。
米国の場合は
S
先ほど申し上げたように、米国経済は好調で、力強い成長、健全な労働市場、目標通りのインフレ率など、かなりポジティブな状況にあります。
海外でも成長を遂げていますが、先進国と一部の新興国の両方で、成長はやや鈍化していると思います。
そのような世界では、もし米国が...
S
アメリカが強くなれば、それはドル高を意味する環境の一部に過ぎません。
つまり、私たちの需要の一部を他の経済圏と共有することになるかもしれません。
これが統合国際経済の仕組みです。
このように、経済の道筋を考える上では、さまざまなことが必要になります。
私が言いたいのは、私たちはドルに責任はないということです。
もちろん、財務省にはドルの管理責任がありますが、ドルは2017年に下落した分を一部回復したに過ぎません。
安値からは上昇していますが、昨年初めのような高値ではなく、かなりの差があります。
JEAN YUNG
こんにちは。
Market News InternationalのJean Yungです。
今年の初めにFRBが行った金融政策の実施における技術的調整について、最新情報を教えてください。その調整には満足していますか?また、近い将来、再びこのような調整を行う必要があるとお考えですか?
フェデラル・ファンド・レートがターゲット・レンジ内で推移するように、我々はツールを使用すると言ってきました。
主な手段としては、超過準備金への利子、そして一番下にはリバース・レポ・ファシリティがありました。
6月の利上げでは、超過準備金利を20ベーシスポイント引き上げただけで、レンジを25ベーシスポイント引き上げ、フェデラルファンドをレンジ内に戻しました。
これが功を奏し、成功したのです。
フェデラル・ファンド・レートは190%台前半で推移し、レンジ内に収まりました。
我々はまた同じことをするかもしれません。
私たちには手段があり、それを使うつもりです。
これは主にいくつかの要因によるものだと思いますが、特に国債の供給量が多く、それがレポ・レートに表れ、さらにフェッド・ファンドにも表れています。
ですから、これを大きな問題とは考えていません。
しかし、これは我々が持っているツールで対処できる問題だと考えており、必要であれば使うつもりです。
COURTENAY BROWN
こんにちは、会長。
Axiosのコートニー・ブラウンです。
先月、CEAは賃金上昇率を計算する別の方法をまとめました。
また、賃金以外の報酬についてはどうでしょうか? パウエル議長。
私はCEAの論文にはコメントしませんし、おそらくCEAも私たちの論文にはコメントしないと思いますが、これだけは言っておきたいと思います。
私はこの問題と研究に精通しています。
私たちは、賃金に関するさまざまな指標を調べていますが、その範囲は広ければ広いほど良いと思います。
完璧な賃金指標とは、福利厚生も含めたものですが、最近では多くの報酬が賃金ではなく福利厚生の形で現れていますから、このような幅広い指標を選ぶのは正しいと思います。
しかし、今はどれも同じような話になっています。
私たちが注目している主要な4つの指標(賃金と福利厚生費の指標全般)を見てみると、現在、賃金と福利厚生費はすべて3%前後の伸びを示していますね。3%前後に集まっています。
これは5年前と比べて1パーセントポイント高い数字です。
これは良いことです。
もうひとつの問題は、インフレ率はどうかということです。実質的な賃金上昇を求めるのであれば、インフレ率を問わなければなりませんが、そこでインフレ率の指標を選ばなければなりません。
CPIを選ぶ人もいます。
もちろん、私たちは個人消費支出を選びます。
個人消費支出の方がより良い指標だと考えているからです。これは、より幅広い指標であり、より低くなる傾向があるからです。
ただ、こちらの方がより正確だと考えています。
このトレンドは2%前後で推移しています。つまり、賃金が大まかに3%、賃金と給付が約3%、インフレ率が約2%で推移しているとします。
PCEヘッドラインインフレ率は2.
3%です。
PCEコアは約2%で、ヘッドラインインフレ率の一時的な上昇はおそらく原油価格の影響によるもので、インフレ率は2%に下がると予想しています。
つまり、2%と考えています。
そのように考えています。
以上、ご参考になれば幸いです。
MYLES UDLAND
ヤフーファイナンスのマイルス・ウドランドです。
パウエル議長、実はジャクソンホールであなたがおっしゃったことに続きたいと思います。
あなたは経済の長期的な構造的課題について話していましたが、その中で、長い間持続不可能な道を歩んできた連邦予算の赤字に対処することは、人口の多くが退職するにつれてますます重要になると述べていました。
また、FOMCメンバーの間でこの問題が話題になることはありますか?
CHAIRMAN POWELL
ですから、あまり話題にはなりません。
それは私たちの仕事ではありません。
私たちは金融政策を行っています。
私たちは金融政策を行い、金融機関を規制し、金融の安定性を確保しています。
私たちは財政政策を担当していません。
しかし、長期的に見れば、財政政策は経済に大きな影響を与えます。そのため、私の前任者たちは財政政策についてコメントしてきたと思います。
しかし、彼らは特定の対策に関与しようとするのではなく、高いレベルでコメントしてきました。
ですから、私の計画は、同じアプローチに固執し、自分たちのレーンに留まることです。
私が言いたいのは、これは秘密でも何でもなく、長い間、私たちのユニークで高価な医療提供システムと人口の高齢化によって、私たちは持続不可能な財政の道を歩んできたということであり、それから逃げることはできません。
最終的にはこの問題に直面することになりますが、早いほうがいいと思います。
また、今は良い時代です。
今、経済はほぼ完全雇用、あるいは完全雇用に近い状態にあります。
金利も低い。
これらの問題に取り組むには良い時期だと思います。
ですから、私はこのことをお伝えしておきます。
TAKESHI KAWANAMI
日経新聞の川浪剛史です。
私の質問にお答えいただきありがとうございます。
新興市場についてお聞きしたいと思います。
米国の影響についてどう思われますか?
S
米国の金融政策が新興国に与える影響(金利、通貨安、新興国からの資本流出など)についてどうお考えですか?また、新興国市場の混乱により、利上げを止める可能性はあると思いますか? パウエル議長
すみません、2つ目の質問は、川浪武司さんです。
...を止める可能性があります。
.
.
CHAIRMAN POWELL
ああ、止めるのね。
TAKESHI KAWANAMI
.
.
.
のようになります。
CHAIRMAN POWELL
私たちには、最大の雇用と安定した価格を実現するという、議会から与えられた国内的な使命があります。
世界のGDPの約半分は米国外にあり、成長の半分以上は米国外の新興市場にあると言っていいでしょう。
ですから、国内の任務を遂行する上で、新興市場経済のパフォーマンスは非常に重要なのです。
また、米国の好調さも重要です。
S
また、米国経済が好調で、米国人が物を買い、経済が成長していることは、世界中の需要を支えることになり、これは良いことだと思います。
しかし、経済が好調で利上げを行うと、世界中の金利に上昇圧力がかかり、特にドル建ての多額の対外借入を行っている国に影響を与える可能性があることも理解しています。
私たちは、自分たちが何をしているのか、そしてその理由について、非常に透明性の高い対応を心がけています。
そして、私たちはそのようにしてきたと信じていますし、かなり緩やかに動いてきました。
ですから、私たちはその点ではうまくいっていると思います。
深刻なストレスにさらされている国は一握りですが、ほとんどの新興市場国ではありません。
そのような国は、財政赤字や多額の対外ドル借款、高いインフレ率などの形でよく知られているように、特定の脆弱性を抱えています。
そのため、繰り返しになりますが、私たちは今後も米国と日本の間で様々な活動を行っていきます。
S
だからこそ、私たちは米国の金融政策を可能な限り透明性のある形で実施し続け、それが私たちにできる最善のことであり、米国の金融政策を支援することでもあるのです。
S
これが私たちにできる最善のことです。
これがお二人の質問に対する答えだと思います。
VIRGINIE MONTET
Agence France-Presseのヴィルジニー・モンテです。
先ほど、可能性ではなく修正の可能性とおっしゃいましたが、株式市場の高値に話を戻したいと思います。
FOMCの参加者の中に、合理的な高揚感、あるいは理性的な高揚感のエピソードを目撃していると考える人はいますか?また、もし急な調整が行われた場合、金融安定性の懸念が生じるでしょうか。
ですから、私は株価の水準の妥当性についてはコメントしません。
ただ、いくつかの評価基準によれば、株価は過去の価値の範囲の上限にあると言えます。
しかし、市場の調整がどのような結果をもたらすかについては、私は推測したくありません。
つまり、消費者が多額の借金をして、それが例えば価値の下がる可能性のある資産を担保にしているとしたら、それは本当に痛いことなのです。
つまり、住宅バブルが発生し、消費者が多額の借金をして、住宅価格が下落した場合、これは非常に深刻な問題です。
これは非常にまずい状況だと思います。
単なる株式価格の下落は、それだけではこのような特徴を持ちません。
しかし、消費に影響を与え、経済にマイナスの影響を与える可能性は確かにあります。
MARK HAMRICK
議長、ありがとうございました。
会長。
バンクレートのマーク・ハムリックです。
comのマーク・ハムリックです。
昨年の住宅ローンは、伝統的な銀行が規模を縮小したことにより、いわゆるノンバンク系金融機関が発行したものが大半を占めています。
危機の中で住宅金融が果たした役割を考えると、この分野の監督や規制について、どのような自信をお持ちでしょうか。ありがとうございました。
CHAIRMAN POWELL
いい質問ですね。
現在、多くの住宅ローンがシステム外で組成されているのはその通りです。
しかし、そのような住宅ローンの多くは、GSEが購入するための一定の基本的な基準を満たしていなければなりません。
しかし、住宅ローンの信用度をもっと広く見てみると、スコアが高く、信用度が高く、信用記録が良好な人には広く融資が行われていますが、スコアが低く、信用度に問題がある人には、危機以前に比べて融資が行われなくなっていると思います。
果たして私たちはこの点を正確に把握しているのでしょうか?私にはわかりません。
しかし、これが明らかに現実なのです。
これらの金融機関は、CFPBや他の州の規制当局による監督を受けています。
しかし、あなたの言うとおりです。
オリジネーションのプロセスの多くは銀行システム外に移行しており、我々はそれを監視しています。



Attension:
1. 925 Sterling Silver charms Letter Initial X Dangle Alphabet CZ Charm Fits Pで翻訳しています。
2. 翻訳ソフトの都合上、米財務省が発行する償還期限が10年超の利付債(Treasury bonds、略称:T-Bond)のことを「財務省」と翻訳されることがあります。

Sonriia 6重 ガーゼケット タオルケット ブランケット バスタオル 赤ちゃん ベビー 子供 保育園 幼稚園 お昼寝 ひざ掛け 布団 その他布団、寝具


1483NEWTON.COM RSS